サークルちえのわのホームページへようこそ!

ちえのわは、東京学芸大学の農園で、月に1回農学校(自然・農業・文化体験教室)を開催しています。

活動内容

1.ちえのわ農学校
月に1回、東京学芸大学の農園で開催される、自然・農業・文化体験教室。
企画・運営のほとんどは、教育学部の大学生でいちから行っています。
毎回、「こどもが楽しんでくれそうなこと」、「大学生がこどもとやってみたいこと」を軸に、幅広い活動を行っています。
詳しくは農学校とはへ!
2.キャンプスタッフ
NPO法人自然文化誌研究会が行っているキャンプに、スタッフとして参加。
キャンプの経験が日ごろの活動に生かされることも少なくありません。

ちえのわの成り立ち

ちえのわは、2004年12月に東京学芸大学公認サークルとして発足し、2005年度より本格的に活動を開始しました。

その母体は、2002年度から2004年度まで地域に向けて開講されていた、東京学芸大学公開講座「ぬくい少年少女農学校」の学生スタッフです。

また、「NPO法人自然文化誌研究会」との関わりが深く、これまで様々な活動を協力して行ってきました。
ちえのわの学生は、自然や様々な人とのかかわりから生まれる「知恵の輪」を拡げ、1人1人の興味関心やスキルの向上を目指し活動しています

 

新着情報

2022年度(第18期)のちえっこについて

 新型コロナウイルス感染症の影響から、2020年度(第16期)の当選者が活動できていなかった状況に鑑みて、2022年度のちえっこは2020年度の当選者を引き継ぐことといたします。そのため、来年度のちえっこ新規募集は行いません。

 ただし、2020年度の当選者のうち、来年度の参加意思がある方が一定数を下回り、2020年度落選者へお声がけをしても人数に余裕がある場合には新規募集を行います。その際には改めて、こちらのページでご連絡いたします。

2022年03月04日

活動を再開します

小中学生を参加対象者とした活動が大学から許可されたため、2月20日に1回限定で農学校を開催いたします。やっと普段のような活動ができるということで、嬉しい限りです。当選者の方には、メールにて連絡を差し上げます。当日、農園でお会いできるのを楽しみにしております。

2022年01月04日

コロナウイルスの影響により、子どもを呼んだ活動を休止しています。

コロナウイルスの影響により、大学に人を招いてのサークル活動は大学から禁止されています。

それに伴い、非常に残念ではありますが、農学校は休止しています。再開のめどが立ちましたら、またこちらにも情報を上げさせていただきます。

子どもたちと農園で会える日が一刻も早く再訪するよう、願っています。

2021年05月18日
» 続きを読む